ワーキング・ホリデーの方へ

ワーキング・ホリデーの方へ

下記2点に該当する方はタックス・リターンの申請、またはNon-lodgement Advice (申告必要なしの報告)の申請は必要ありません。

:収入を得ていた期間はワーキングホリデーのビザを保有していた。
:1会計年度の課税収入金額が$37,001以下で、雇用先で15%の税金を給与から天引きされていた。

上記に該当されている方で、経費を計上したい方や、15%以上の税金を給与から引かれていた方はタックス・リターンが可能です。
また課税収入金額が$37,002以上の場合はタックス・リターンの申告が必要になります。