より多く還付金を得る為に

より多く還付金を得る為に

収入を得るために自分で負担した経費を計上し、税金の課税される課税所得金額を下げます、経費として認められるのは収入を得る為に直接的に関わる経費になります。

 

経費が$300以下の場合は証拠となるレシートは必要ありません。

 

経費を$300以上計上する場合はレシートの保管が必要になります、オーストラリアでは全て自己申告制ですので経費のある方は申し込みの “Work -related Expense Information”に経費の種類と金額を入力して申し込みください。税務調査の対象になった時に経費計上の証拠としてレシートを税務署に提出する必要がありますのでレシートは5年間保管しておいてください。

 

経費を$300計上したからといって、還付金額が$300増えるということではありません、税金を計算する際の課税所得金額が経費計上額分減るのでその分、税金が減り、結果として還付金額が増えます。

 

職種別経費の例

職種 経費
シェフ/キッチン・ハンド 包丁・安全靴
ファーム・ハンド 帽子・日焼け止め・サングラス
オフィス事務 文房具・ユニホーム